80年代へようこそ!

Welcome back to the 80s!

80年代へようこそ! Welcome back to the 80s!

MT4.21をサーバーにインストール

  |金曜日

もう何度目か分からないけど、サーバーにMovable Typeをインストール。今回は、2008年8月21日にリリースされたバージョン4.21を使用。サーバーは、相変わらずさくらインターネット。インストールの手順は、Movable Typeのウェブページにあるので、それを見ながらやれば、簡単にできる。いつもの作業、目新しい情報など何もないのだが、仕事に直接関係してくるので、ここでは、できるだけ詳細にカスタマイズの過程を記述しておくことにする。これを機に、この80sのサイト全体をすべてMTで構築する完全リニューアルも目論んでいるが、いつコンプリートするのかは、誰も知らない。

ここに記載するものは、原則として、さくらインターネットのレンタルサーバー スタンダードプランにおけるものであり、どこまで汎用性があるのかは分からない。また、第三者が見て有益な情報であるとも思えない。が、自分用のメモとして、残しておくことにする。

さて。サーバーにMTを初めてインストールする場合には特に気にすることもないのだが、アップグレードだったり、別ディレクトリに再インストールだったり、といった場合には、データベースサーバーの設定をどうするか、確認しておく必要がある。過去のデータを引き継ぐのが、全く新規に構築するのか。完全に新規の場合には、さくらのコントロールパネルからphpMyAdminの管理画面に入って、データベースを初期化する必要がある。今回は、すでに公開中のウェブサイトなので、そういった作業は行っていない。

サーバーには、MT用のディレクトリを新たに設定し、MTをインストール。完了後、管理画面にログイン。既存のMTが別ディレクトリにあるのだが、そこで構築したブログのデータをほぼすべて引き継ぐ形で、新規インストールにもかかわらず、すでにブログがひとつできあがっている。それはそれで放置して、新規にブログを作成する。テンプレートセットは、プロフェッショナル ウェブサイトを選択。MTをCMSとして利用するためだ。このブログ自体は規定のブログでもいいのだが、このウェブサイト全体をMultiBlog機能を使ってリニューアルするので、プロフェッショナル ウェブサイトを選択することにする。

今月に入ってテストサーバーにて検証していたが、その設定を、手動でこちらのサーバーに移行する。めんどくさいのだが、手順を確認する意義がある。やってることは、仕事と何ら変わりない。近い将来、MTで構築する案件があるので、そのための構築とこのカスタマイズメモなのだ。

  最終更新日 :

 - WebTips

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
MT4.21 カスタマイズメモ(7)

ping送信先リストのメモ。SEOの効果、アクセス …

no image
Web Design ギャラリーサイト

秀逸なサイトを見て刺激を受ける。恥も外聞もなく、素 …

no image
MT4.21 カスタマイズメモ(6)

データのインポート、エクスポート時の注意点。 デー …

no image
MySQLのバージョンアップについて

MySQLのバージョンアップでつまずいたこと。

no image
MT4.21 カスタマイズメモ(4)

最近のコメントの不具合についていろいろと検索してみ …

no image
MT4.21 カスタマイズメモ(5)

MT管理画面からイメージファイルをアップロードする …

no image
MT4.21から4.23へのアップデート

セキュリティアップデート Movable Type …

no image
静的ページを分割するプラグイン「PageBute」

静的ページを分割するプラグイン「PageBute」 …

no image
MT4で作られたウェブサイト

MT4で作られたウェブサイトを紹介しています。

no image
トラックバックの動作検証

まさかこのブログにトラックバックしてくるような酔狂 …