80年代へようこそ!

Welcome back to the 80s!

80年代へようこそ! Welcome back to the 80s!

新元号に対応、WordPressで元号表記/和暦表示

  |水曜日

先日発表された新元号「令和」に対応するために、functions.phpの//和暦の表示を書き換えます。

//和暦の表示

function wareki($ymd)
{
list($y,$m,$d) = explode(“/”,$ymd);
$m = str_pad($m,2,0,STR_PAD_LEFT);
$d = str_pad($d,2,0,STR_PAD_LEFT);

$ymd = $y.$m.$d;
if ($ymd >= “19261225” && $ymd <= "19890107") {
$gg = “昭和”;
$yy = $y – 1925;

} elseif ($ymd >= “19890108” && $ymd <= "19900000") {
$gg = “平成”;
$yy = “元”;

} elseif ($ymd >= “19890108” && $ymd <= "20190430") {
$gg = “平成”;
$yy = $y – 1988;

} elseif ($ymd >= “20190501” && $ymd <= "2020000") {
$gg = “令和”;
$yy = “元”;

} elseif ($ymd >= “20200100”) {
$gg = “令和”;
$yy = $y – 2018;
}

$wareki = “{$gg}{$yy}年”;
return $wareki;
}

これで、5月以降は「令和元年」と表示されるはずなのですが、どうやってテストすればいいのかが現時点では分かりません。またテストを経て追記します。

令和元年5月1日に修正しました。これで、令和元年表記、正常に動作するはずです。2020年がちゃんと令和2年と表記されれば完成です。たぶん、大丈夫。かな。

cypher

  最終更新日 : 2019年6月23日

 - WebTips

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
携帯でも表示可能なGoogleマップ、これは便利だ

サイト作成時、地図の表示には、クライアントからの意 …

no image
パンくずリストの設置について

MTにパンくずリストを設置する方法について記載しています。

no image
ソースコードを見やすく表示する「SyntaxHighlighter」

ソースコードを見やすく表示する「SyntaxHig …

no image
ランダムに選択したブログ記事を表示する

ランダムに選択したブログ記事を表示するプラグイン。 …

no image
便利なウェブ配色ツール

便利なウェブ配色ツールの紹介です。

no image
MT4で作られたウェブサイト

MT4で作られたウェブサイトを紹介しています。

no image
こんな企業サイトは嫌だベスト20

Webサイトで嫌われる企業サイトの理由ランキング上位20項目です。

no image
MT4.21 カスタマイズメモ(8)

ping送信先についての追記。 個別にping送信 …

no image
IETester、複数のバージョンのIEを表示するアプリ

IETester、複数のバージョンのIEを表示するアプリケーションの紹介です。

WordPressのロゴ
WP 投稿の日付を元号表記に

投稿の日付を元号表記に 当サイトは、1980年代を …