80年代へようこそ!

Welcome back to the 80s!

80年代へようこそ! Welcome back to the 80s!

iMac 封印、Mac mini 降臨

  |木曜日

iMac(20-inch Late 2006)/MA589J/A の写真です。

iMac(20-inch Late 2006)/MA589J/A の写真です。

2012年末にMac miniを購入し、掲載しようと思っていた書きかけの記事です。本体だけでなく、純正キーボード、純正マウス、Apple TVなども同時期に購入したので、そこらへんのこともおいおい追記していきます。

うっすらとした記憶ですが、2006年10月10日、秋葉原から重たい荷物を引きずってきて、我が家の一員となった「iMac(20-inch Late 2006)/MA589J/A」。主な利用は、ウェブページの確認と音楽データの管理で、メインマシンとしての使い方はしてなかったのですが、最近どうも動きが鈍く、スペック的に物足りなくなってきたので、買い替えを検討していました。

2.16GHz Intel Core 2 Duo、1GB(2x512MB) PC2-5300(667MHz)DDR2 SDRAMメモリ、250GBシリアルATA(7200 rpm)というのが主な仕様で、今でも軽い作業なら充分だとは思うのですが、メインで使っているWindowsと比べると、動きが遅く、6年という年月の経過を感じさせるものとなってしまいました。

これを手放すとなると、代替のMac購入が必須となりますし、動作確認用にBootcampでインストールしてあるWindowsVistaもどうにかしないといけないことになりますが、一念発起、買い替えを決意した次第です。

2012年の秋には、超薄型のiMacも発表され、iMacからiMacへの買い替えも検討しましたが、予算と用途を考慮すると、やはりオーバースペック。今回は、予算と省スペースを重視してMac miniを購入しました。

購入したモデルは「Mac mini 1TB MD388J/A(Late 2012)」です。搭載OSは「OS X Mountain Lion」主なスペックは、2.3GHzクアッドコアIntel Core i7、1TB(5,400rpm)HDD、Intel HD Graphics 4000、4GB(2GB x 2)1,600MHz DDR3メモリ──巷では「竹」と呼ばれているモデルで、標準仕様となっています。

約1か月使ってみて思うところは、やはり1TB(5,400rpm)HDDがボトルネックとなっていて、起動がちょっと遅いかなというのが正直なところです。カスタマイズして、Fusion Driveを選んだほうがよかったかなとも思いますが、プラス23,100円の価値があるかは微妙ですね。起動ドライブをSSDに換装する手もありますので、これは今後の課題というところです。

主な作業はWindows7でやってますので、Mac miniをがんがん使い込むには程遠いのですが、利用する機会を増やして使い慣れていきたいと思ってます。

cypher

  最終更新日 : 2015年5月19日

 - Mac

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

MBA 11インチ アイキャッチ画像
まさかの衝動買い、11インチ MacBook Air

MacBook Air 11.6 inch Ear …

OS X システム環境設定 アイコン画像
Mac OS X 10.8.3 アプリケーションが起動しないとき

Mac OS X 10.8.3 で、ダウンロードしたアプリケーションが起動しないときの対処方法。

Apple Magic Mouseの写真
Magic Mouseは乾電池で動く。

付属品の乾電池で動いていたMagic Mouseが、約1ヶ月で電池切れとなりました。

Time Capsuleを買ってきた。

Time Capsule 1TB MB277J/Aを購入しました。

Mac OS X ファインダーのアイコン画像
メインマシンをWindows7からMacOSへ

メインマシンをWindows7からMacOSに切り替えるというお話し。

Mac OS X ファインダーのアイコン画像
Mac OS X の読み方

Mac OS X の正しい読み方について調べてみました。